講演依頼はこちら

講演実績・喜びの声

教育機関

広島県立井口高校
|広島県立広島観音高校
|広島県立安芸南高校
|広島県立安芸高校
|広島廿日市中学校
|広島三次中学校
|広島海田西中学校
|熊本国府高校
|熊本学園大学付属高校
|福岡豊国高校
|鳥取城北高校
|岡山芳泉高校
|東岡山工業高校
|徳島小豆島高校
|徳島志度高校
|高松西高校
|高知西高校
|京都精華学園高校
|滋賀綾羽高校
|愛知熱田高校
|長野松商学園
|神奈川秦野高校
|山梨都留高校
|宮崎都城工業高校
|東京堀越学園
|日本大学
|順天堂大学
|一橋大学
|名古屋市教育委員会
|広島異業種交流会
|横浜指導者講演会
|山口大学
|明治大学
|学習院大学
|筑波大学
|春日野小学校PTA
|鳥取倉吉教育委員会・PTA
|宮城県高体連
|岡山県公立小中学校教頭会
|兵庫県白陵高校
|大分県教育庁
|福井県高校サッカー部顧問の会
|高知県教育委員会
|鳥取県智頭町教育委員会
|JAST CONSULTING(静岡)
|栃木県真岡市小中学校校長会
|大分県運動部活動講習会
|長野教育委員会
|沼津市立大平中学校
|沼津市立原中学校
|沼津市立沼津高校
|奈良市富雄第3中学校
|福島県郡山市教育委員会
|チュラロンコン大学(タイ)
|鹿児島県教育委員会
|日本経済新聞社
|共同通信社
|静岡県立静岡東高校
|沼津市立第五中学校
|静岡県門池中学校
|福島県高野連
|静岡市教育委員会
|大阪電気通信大学高校
|福山大学
|長野西高校
|愛知県北中学校
|香川県満濃中学校
|兵庫県立明石清水高校
|大手門学院大学
|米子市保健体育研究会
|栃木県那須町教育委員会
|宮城県高等学校体育連盟
|瀬野川中学校PTA
|兵庫県神崎郡市川町教育委員会
|千葉県柏市教育委員会
|瀬野川東中学校
|静岡県中部高等学校保健会
|愛媛県教育委員会
|千葉県小中学校体育連盟
|呉工業高校
|千葉県小中学校体育連盟東総支部
|佐賀県教育委員会
|福岡工業大学付属城東高校
|近畿大学工業高等専門学校
|那須町教育委員会
|安芸区PTA
|桑名市教育委員会
|多治見市議会
|静岡中高連絡協議会
|千葉県木更津市畑沢小学校
|青森県三本木高校
|沼津市愛鷹中学校
|高山FC
|蹴球フェスティバル実行委員会
|那須塩原西中学校
|那須塩原市立黒磯中学校
|愛知県高等学校サッカー連盟
|広島大学附属東雲小学校
|三重県桑名市明正中学校
|三重県桑名市綾成中学校
|栃木県教育委員会
|明石市教育研究所
|東京国分寺小学校
|福岡直方FC
|名古屋楠中学校
|東海大学付属静岡翔洋高校
|栃木県大田原中学校
|愛知県豊川高校
|兵庫医療大学
|栃木県大倉小学校
|ふたば未来学園高校
|川崎医療福祉大学
|東京都立足立西高校
|兵庫県教育委員会
|上野学園
|高松市玉藻中学校
|北海道高体連
|鈴鹿市サッカー協会
|広島東地区PTA
|松山市中学校体育連盟
|名古屋市立大江中学校
|新潟グランセナ
|埼玉氏スポーツ振興会
|島根県体育協会
|立命館大学
|香川県中体連
|広島市スポーツ協会
|庄原格致高校同窓会
|熊本人吉
|日比野中学校
|愛知県土岐スポーツ推進委員会
|和気閑谷高校
|リベリーノカップ(広島)
|井口中学校PTA
|兵庫県体育協会
|古田台小学校・PTA
|呉地区校長会
|JFAハウス
|広島おやじサミット
|名古屋市教育委員会
|広島市立福木中学校
|静岡桜が丘高校
|ボトムアップクリニック(広島)

企業

三井生命
|パナソニック(株)
|ミズノ(株)
|(株)ブリヂストン
|資生堂
|西松建設
|広島洋紙(株)
|カスコロッソ(広島)
|ビリーザキッド(広島)
|JU広島・日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会
|静岡消防学校
|富山NPO法人ふちゅうクラブ
|USAジャパン(東京)
|(株)アネムホールディングス
|日本基準寝具(株)
|NPO法人上田ミックススポーツクラブ
|日本ローカルネットーワークシステム協同組合連合会
|(株)源
|三和鉄鋼建設(株)
|ブリヂストンジャパン(株)
|(株)教育新聞
|東広島商工会議所
|認定特定非営利活動法人ポラーノ
|(株)ネストロジスティクス
|WatchaTOYOTA
|(株)ネクステージ中国史店
|リーフランス(株)
|CFN徳島
|CFN広島
|CFN岡山
|CFN山口
|CFN兵庫
|CFN高知
|CFN島根
|CFN香川
|CFN鳥取
|CFN愛媛
|(株)ナプロアース福島
|福山商工会議所
|ビジネスサークル(東京)
|一般社団法人広島県臨床工学技士会
|(株)ホンダオート中山口
|福山青年会議所
|菅原経営(株)・SMG
|島田商工会議所
|(株)体育社
|山口県自動車整備工新開
|日本創造教育研究会(田舞塾)
|ブリヂストンタイヤジャパン(株)岡山カンパニー
|我武者羅カレッジ(京都)
|アースフード
|鳥取県東部中小企業青年中央会
|広島経済レポート
|合同会社All Days Sports
|ブリヂストンタイヤジャパン(株)山陽カンパニー
|全日本ロータス同友会鳥取県支部
|ブリヂストンタイヤジャパン(株)広島カンパニー
|(有)Cool peace
|井本建設(株)
|(有)ラポットカンパニー(東京)
|(有)ラポットカンパニー(大阪)
|(株)原動力
|広島西南ロータリークラブ
|(株)クース・コーポレーション(佐賀)
|マッシュ
|(一社)尾道青年会議所
|スポーツコーチングラボ
|オルウイン(株)
|広島中央ロータリークラブ
|藤枝市役所
|呉青年会議所
|AIG損害保険フェイスクラブ
|広島経営同友会
|広島西倫理法人会
|全日本ロータス同友会岡山県支部
|(有)ラポットカンパニー(名古屋)
|コープハウジング広島(株)
|広島県ティーボール連盟
|サンキ・ウエルビィ(株)
|日刊工業新聞
|ダイキチカバーオール(株)
|公益社団法人珠算教育連盟
|広島ビジネスクラブ
|広島北ロータリークラブ
|日東リバティー
|広島県LPガス協会福山地区協議会
|島田市商工会青年部
|ウッディチキン長野
|井口医院
|広島県中小企業家同友会
|(一社)広島県LPガス協会青年部
|読売新聞
|協同組合ビジネス交流センター
|(医)せのがわ
|(株)ジツダ中国
|広島B.M.C
|(株)サンポール
|(一社)三次地区医師会
|(株)SANKYO
|リトルニュートン学園
|医療法人一の会
|広島東法人会青年部
|広島警備会社
|(株)ザ・メディアジョン
|広島県トラック協会広島支部
|広島市指定下水道工事業協同組合
|(株)トトノエリー
|広島商工会議所
|広島理美容業界
|(株)エクシード
|ヘアビジネスフォーラム
|広島東南ロータリークラブ
|東広島倫理法人会
|キュアニス会
|SMC講演会(日本サッカー協会)
|サコダ車両
|大前工務店
|広島倫理法人会
|(株)サンシャイン宮城
|三井住友海上
|JL大分・日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会
|JL北海道・日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会
|日本血液浄化技術学会
|ブリヂストンタイヤジャパン(株)福岡カンパニー
|マツダ(株)
|(株)速太郎総会

協会

全国幼稚園協会
|広島異業種交流会
|我武者羅カレッジ
|青少年スポーツ安全推進協議会
|(株)てっぺん(人間力大学)
|(一社)スポーツ東海サッカー部
|HAPPY PROJECT合同会社
|(一社)ボトムアップパーソンズ協会
|長野県スポーツ協会
|青森県ハンドボール協会
|(一社)日本福祉用具供給協会
|(一社)日本福祉車両協会
|広島県缶詰協会

体験者の喜びの声

ボトムアップを体験頂いた方達からたくさんの喜びの声を頂いております。

ご無沙汰しています。
運動会を終え、秋の大会に向け本格的に再始動しました。まだまだ暑い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、先日運動会があり、学校全体で見ても素晴らしい一日になったと感じています。
運動会後には毎年、手書きで学級通信を書くようにしているのですが、ふと過去のものと比べてみて気づいたことがあります。
(添付させていただきますので、よろしければ見てやってください。)「学級経営におけるボトムアップ」をはじめて、教師である自分自身が通信(日常の指導も)に用いている言葉が変化していることです。
今まではぐいぐいと教育的価値観を押し付けていたような印象を受けますが、今年のものは生徒主体な書きぶりになっていると感じました。

「ボトムアップ理論」は部活動におけるチーム作りだけでなく、学級という組織づくりにおいても、生徒の成長が目に見えて感じることができ、大きな効果を感じます。
教育現場における「学級経営」「学級づくり」といえば、中学校段階において大きな価値を感じます。
これからも「学級経営におけるボトムアップ」について学んでいきたいと思いますし、研究していきたいと感じています。
「ボトムアップ理論」に出会えたことに、本当に感謝です。

またお目にかかれる日を楽しみにしています。

今年の夏季総体の報告です。
全国中学校柔道大会女子40kg級において、本校2年生が3位に入賞しました。本校に赴任して3年目、女子部は創部3年目での全国入賞という快挙です!
僕も監督業をはじめて10年目、ボトアップで部活動を行うようになってから6年目になります。
やっと全国大会で入賞することができました。

部活運営自体ものノー部活デイなど学校のルールをきちんと守りながらの活動ですから価値がある結果だと考えています。

女子団体戦は県総体準決勝で0-1と惜敗し、全国出場を逃しまさしたが、4期連続で3位入賞となり、新設の本校が今では押しも押されもせぬ県内屈指の強豪校となれました。
女子だけでなく男子も地区大会では2年連続で準優勝することができています。

トップダウンが主流の武道業界において、ボトアップはまだまだ認知されていませんが、対話を重視し、目標に対して自ら歩んでいくボトアップ理論は確実に子供たちの力を伸ばしてくれています。

あの時の畑先生との出会いがあったから今の私があります。本当にありがとうございます。

畑先生、お疲れさまです!ボトムアップ中学野球支部、優勝しました!
どんどんボトムアップが進化して、最後まで諦めない粘りと主体性が見られるようになりました。
本当にありがとうございます。

ボトムアップとの出会いがなければこの優勝はありませんでした!

文科省指定の研究授業を全教科ボトムアップ、ホワイトボードミーティングで行うことになりました。
他教科の先生がホワイトボードに気づきを書き込み、事後研修でさらに学びを深めていきます。
今日はそのプレの授業を社会科で行いました。
明日が中間発表で、本番は12月です。
かなりイイ感じで学校全体が盛り上がっています。
ありがとうございます!
畑さん、はじめまして。
私は中学教員で教科は英語で教えています。
畑さんと同じ、サッカー部の顧問をしています。

畑さんのことは本で知りました。畑さんの本を読み、ためになったことがたくさんあります。
中学生は高校生とは違って、ベースがまだまだ定まっていない面がありますので、色々なことの価値、物事を見る目などなど伝えてからではありますが、考えさせることができるようになってきました。

感謝しています。

数年前よりボトムアップに興味があり、何とか学びたいと思っておりました。
しかし、書籍やDVDでも学びにとどまっていました。
そんな時、本校の校長が「ボトムアップ理論て知っていますか?畑先生に会ってみたいのです。」と私に話をしてこられたのです。「今年度の研修費用が残っていればぜひ安芸南に視察に行きたい。」とも考えておられました。

そんな話から畑先生のパーソンズ協会のHPを見ていたら、ひょんなことから先日のセミナーが畑先生に変更になったと知り、いてもたってもいられなくなり参加させていただきました。

懇親会では、私にたくさんのお話をしていただき、刺激をビシビシといただきました。
私は、大阪教師塾で原田隆先生から多くのことを学ばせていただきました。原田先生も日本一を極められた指導者ですが、畑先生も日本一を極められた指導者です。

お二人には、やはり何か共通する凄いものを感じました。私自身、数年前から自分の指導観に大きな変革がありました。それは自立型人間の育成です。
幸い、今の私のチームは、子供たちが自分たちの力で練習を組み立て、自主的に頑張ってくれます。
おかげで22年ぶりに福岡市大会の優勝をすることができました。

しかし、私のモチベーションは上がってきません。このままでいいのだろうか?と悩んでいるときに今回、畑先生に出会えました。
先生とお話しさせていただく中で私の中からチャレンジしたいことが、再び湧き出てくるのを感じました。
「そうだ、もう一度、本気でボトムアップを展開してみよう!この子たちだったらできる!そしてこの子たちこそチャンスだ!」帰りの新幹線で決意いたしました。

まもなく試験休みが明け、今週末には練習が再開されます。2月末には大きな大会が待ち受けています。試験明けの練習は、まず子供たちに話をするところから始めさせていただきます。

チームは、本気のボトムアップに向けて夏までチャレンジしていきます。
神様は、本当に素晴らしいタイミングで私に必要な人と出会わせてくれました。

本当にありがとうございました。長文お読みいただきありがとうございました。

畑先生の指導現場に4年前の9月にお邪魔させていただいた者です。

当時は快く見学をお引き受けいただき、たくさんのあたたかいお言葉もいただきありがとうございました。
人生のターニングポイントとなる大きな出来事でした。
これからのツイッターでの発信も楽しみにしています。
畑先生、昨日は大変お世話になりました。
山口で直接お話を伺うことができるなんて、とても嬉しかったです。

昨日は帰ってから、小さいことでも、子供達が何かしてくれたことに対して「ありがとう」、を伝えることを心がけました。

3人の子供たちのよいところ、承認できるところ、楽んで&必死に見つけていこうと思います。ありがとうございました。

山口市から電車で片道1時間、本当に参加してよかったです!

また、中2の娘が先日、卓球部の副キャプテンになったばかりなので、早速ボトムアップ理論の本を見せたら、興味津々でした。そして、キャプテン、副キャプテンぎめでかなりもめたことで(笑)、偶然にも2年生に一人一係担当することを決めていたのです。思いがけず、ボトムアップ理論の一部をすでにできていたんだなとビックリしました。
よりよいチームづくりのために、本の方もしっかり勉強させていただきます。