講演依頼はこちら

さあ、本日も未来の日本を幸せにするべき「ボトムアップ理論」で教育革新を目指し研究、探求をステイホームの中でしています。

さあ、本日も未来の日本を幸せにするべき「ボトムアップ理論」で教育革新を目指し研究、探求をステイホームの中でしています。

教員を辞めたのも本気で世の中を素敵(平和で幸せに)にする為。

学校教育とビジネスをもっと二方向から繋げていき、連動していかなければ。 「井の中の蛙」ではダメ。

部活動を部活動(勉強を勉強)で終わらせたらもったいない。

学校教育は3年間の実績成果(勉強、部活動)より、子供たちの未来の成果(世の中で必要とされる人財)につなげていかなければ。

勝ち負けだけの追求は本当にちっぽけな考え方。その先にある大切なものを感じさせ、力をつけてあげないといけない。

それを本気で!

子供の教育は学校だけで学べない事を実感している。

学校が教育の全てではない。

31年間の教員生活を振り返り、皆様からの税金で給料をいただいていて、基本サボろうが、一生懸命やろうが給料は同じ。また必ずいただける。

現在は自分で作っていく。価値がなければお金はいただけない。

今、企業は軒並みストップ。倒産も出てきた。この状況だからこそ公務員としての「あり方」が大切だとしみじみ思う。

体罰、暴力、恫喝の不祥事、部活動資金での不祥事がまだまだ起こっている。

そのような教員は即刻懲戒免職。自営をして一から学んでいかないと治りません。

資格、免許は誰でも取れる。
要はその後、高い高い人間性かあるかどうかが大切なこと。無ければ磨くしかない。

しかしそれに気づけてない教員が多すぎる。

今、広島の政治家もお金問題の不祥事。
「あなたにとってお金とは?」
「あなたにとって政治家とは」「あなたにとって人間とは」を聞いてみたい。

僕の周りでは自ら教員を退職して、縛られない角度で子供たち、又は今の現役の先生方に勇気や希望を伝えてる方々が沢山増えてきた。

もちろん公務員の様な給料補償はない。まだまだ小さな子供もいる、家族がある。教育への本気度が伺える。
本気で応援してあげたい。

子供たちを育てる角度は無数にある。

そして子供たちも選ぶ時代に突入してきた。
YouTubeやインスタ、Twitter、投資、様々な未来を生き抜く手段が増えてきた。

働き方の哲学が変わってきたのだ。

だから教員はあぐらをかいていてはダメ。

しかしそんな教員や管理職を沢山見てきた。

日本の平和。世界の平和のために!

ボトムアップ哲学も今までをまとめて創っていく作業も進み、オンライン実践コースも着実に進んでいます。

大人が変われば子供は変わり、子供が変われば未来が変わる!

全て日本の未来を想像して進行してます!

まだまだコロナは終息してはないが、今からの未来、同じょうなウイルス、震災、災害で世の中が大変になる事は間違いなく起こるでしょう。

そのためにも今はみんなで力をつける時です!

#ボトムアップ
#ボトムアップ理論
#ボトムアップ哲学
#畑喜美夫
#トップボトムアップ

関連記事
-

閉じる